アパート経営の基礎知識

アパート経営というのは、自分が購入または建てたアパートの部屋を入居者に貸すことで、利益をえる事を目的にしている資産運用の事です。福岡賃貸を検索すると良い物件があるみたいですよ。

 

このアパート経営は気軽に、不動産投資の1つの形として注目されています。近年、景気減退によって日本の政治も揺るぎ初めており年金問題や、ペイオフ制度の解禁など、将来本当にお金が残せるのかが不安な時代になっています。このまま国を当てにしているままだと、近い将来資産がそこをつきてしまい。苦しくなっていくのは目に見えています。そんな中、様々な個人での資産運用方法が注目し始めており、アパート経営も含まれる不動産投資もその一つです。

 

不動産投資にはアパート経営の他にも様々な手法があり、ワンルームマンションを賃貸するマンション経営や、中古物件を購入してリフォームをしてから賃貸する方法などが代表的なものです。このようなアパート経営も含んだ不動産投資は、うまくいけば長期的に安定した収入を得ることが出来るため、不景気によって預金の金利が少ない現代の社会で、リスクが少なく堅実な投資方法として注目を集めているのです。

 

【PR】

アパート経営が有効なわけ

さて、資産運用を考えたときどうしてアパート経営が有効なのか?そもそも資産運用をするときの基準は、どれだけ利益があり、かつリスクがなく、変動が大きいかという3点だと思います。この基準で資産運用を考えたときアパート経営はかなり優秀な部類なのです。まず、最近はやりの、株や債権は大きなリスクを負わない限りはあまりもうけが出ません。たしかに価値の変動は大きいために大きなリスクを犯せば利益を得ることも出来るでしょうが、一般の資産運用としては危険すぎると言わざるをえません。

 

しかしアパート経営などの不動産投資では、高い利益が期待できるうえに、株のように無くなってしまうと言うことがありません。アパート経営などの不動産は、どんな場面にあっても財産としての建物は残るため、リスクが少ないといえるのです。確かに株や債権と比べると価格の変動は少なく、大きな勝負は出来ませんが、逆にこの安定した資産力は年金問題や、ペイオフなどで揺れる社会にいる我々にとっては将来的にとても有効な投資方法だと言えるのではないでしょうか。今、将来に残したい、守るべき資産があるという人は、アパート経営など不動産に投資してみるという選択肢もありなのではないかと思います。

アパート経営のススメ

一般的な家庭がやっている投資方法としては、圧倒的に銀行預金が多いと思います。この銀行預金は確かにリスクは少ないのですが、不景気の今の日本では、とても金利が低くあまり銀行に預けておく意味が無くなって来ているといってもよいでしょう。さらにペイオフが解禁になったことで大きな資産は保証されないことになりました。このような利回りが悪く、さらに貯蓄しても保証されないとなれば、銀行に預金する意味はほとんどありません。

 

アパート経営はこのような時代背景から注目された投資方法です。確かに銀行に預けるよりは圧倒的にリスクが高いですが、前記のような利回りの悪さと保証を考えると、アパート経営で利益を期待した方が良いような気がしませんか?アパートなどの不動産への投資は、そんなに高額の資金を必要としませんし、専門的な知識もあまり必要としないため初心者でもすんなり入り安い投資方法です。リスクも他の投資と比べると少ないですし、うまくいけば高額の収入が長期に渡って期待できるというてんから、銀行に預けるぐらいならと始められる方も多いようです。


おすすめWEBサイト 5選



手ぶらでお越しいただける本格派の結婚写真です。


岡山で前撮り


着心地やサイズ感、流行などを組み込んだ製品作りを行っています。


フィットネスウェアの通販


シンプルでおしゃれなアイテムを多数ご用意!


おしゃれな大人のジュエリー



最終更新日:2021/5/13